どうしても◯◯までに現金が必要、なんてことは誰にでも起こり得ることです。

そんなときに思いつくのはどんな方法でしょうか。

消費者金融で借り入れをする、銀行から借りる等はいずれにしても時間がかかります。

また、審査に通るともかぎりません。

そもそも現金が必要になって困っているシーンというのは、急を要するものです。

悠長に審査に通るのを待っている暇はありません。

では、身内に借りるしかないか…。

しかしお金の貸し借りは親しい間柄であってもなるべくしたくないのが本音でしょう。

お金のことはあまり周囲に知られたくないものです。

そしてそんなときに最後の切り札として登場するのが、クレジットカード現金化です。

クレジットカード現金化をすすめる理由

実際に体験して、クレジットカード現金化が他の方法と比較して優れていると感じる点はいくつもあります。

まず、消費者金融や銀行からの借り入れのような厳しい審査がないことです。

これは急いで現金が必要なときには助かります。

私の場合、消費者金融の審査だけで数日がかりました。

恐らく審査の後の手続きを待っている余裕はなかったでしょう。

その点、クレジットカード現金化業者は申込み手続きもスピーディーでした。

また、私も周囲の人にお金に困っていることは知られたくなかったので、クレジットカード現金化業者のプライバシー厳守は有り難かったです。

さらに仕事などでなかなか日中に金策に走れないなかで、クレジットカード現金化業者は24時間受付をしているので非常に助かりました。

何かを買取り店などで売るにしても、営業時間などの縛りがありなかなか都合がつきませんでした。

これらの点を踏まえると、私はクレジットカード現金化という方法を知っていて本当にラッキーでした。

クレジットカード現金化で注意したいこと

クレジットカード現金化を利用する目的は、急な出費に対応するためでした。

給料日までまだ日にちがあるのに、まとまった現金が必要になってしまったからです。

これは日常的なことではなく、あくまでも突発的なでき事です。

クレジットカード現金化はオールマイティな方法のように思えるのですが、カードのショッピング枠を使うのでこの残高に余裕がなければおこなえません。

カード払いをたくさんしてショッピング枠が残っていなかった…などの場合はこの方法は使えません。

私の場合残高が少なかったので焦ってしまいました。

クレジットカード現金化を何度か利用して、その際経験できた悪徳業者の実態について

過去に何度かクレジットカードのショッピング枠を利用し、現金化させた経験があります。

その際、世間一般で言われる悪徳系業者の手口もだいぶん理解することができました。

ここでは過去の体験も踏まえ、悪徳系業者の手口を紹介し、今後クレジットカードの現金化を安心・安全に利用してもらうように説明させてもらっています。

何度かクレジットカードのショッピング枠を利用していると、悪徳と言われる業者の実態が理解できるようになってきました。

ここでは過去の体験を踏まえ、悪徳業者の手口ややり方などをお話をさせてもらいます。

クレジットカード情報を盗もうとする

クレジットカード現金化を求める瞬間は、精神的にも余裕がなく相手の言われる通りに動いてしまいがちです。

それは非常に危険で、時にはクレジットカード情報を盗まれることさえあります。

悪徳業者やり取り①

以前私が現金が必要となった時ネットで色々と事前情報を調べたうえで、業者へ連絡を入れたことがあります。

その際先方から求められたのが以下の通り

・氏名・生年月日・住所・電話番号
・勤務先名・勤務先住所・勤務先電話番号
★現金化するカードの発行会社・有効期限・発行された時期
★カードの残額・カード番号
★免許書コピー・カート裏表面のコピーをメール送付
★印の内容の話しになった際、すでに怪しさが倍増してきましたが、カード裏面コピーを見ず知らずの人間へ送ることはあり得ません

なぜ、セキュリティコードまで教えなくてはならないのか。

こういう対応をしてくる業者は間違いなく悪徳系でするから、直ぐに取引はやるめるべきです。

取引前に換金率を教えない

現金化させるには、できるだけ高い換金率を望む方が多いのは当然の話しです。

但し?上の換金率をうのみにして現金化させると痛い目に遭うので注意が必要です。

悪徳業者のやり取り②

だれでも事前にネットで業者の換金率を調べますが、私の場合必ず電話で業者へ確認取るようにしています。

ところが実際、業者へ確認してみると以下のような回答を貰ったことがあります。

「換金率は、審査の結果が出るまでお答えすることはできません」

上記のように始めに実際手元に残る換金率含め教えてくれない業者はここでおさらばです。

優良といわれる業者は必ず換金率を事前に教えてくれます。

また併せて理解してほしいのが、クレジットカード現金化をうたう業者の?を覗くと、平気で90%を超える換金率が掲載されていることがあります。

但し、手元へ帰ってくる現金には必ず手数料が発生します。

優良系の業者であれば15から20%ほどで、平均的には、25%前後と覚えておくことです。

当然悪徳系の業者を利用すると平均値よりさらに低い換金率になってしまうのが常となります。

以上纏めですが、過去に現金化を繰り返すことにより体験した悪徳業者の話をさせてもらいました。

ネット上の話しも参考にできますが、一番大事なことは自分でしっかり確かめることです。

少しでも違和感を感じたときは、別の優良業者を探す様心がけてください。