クレジットカードはショッピングだけでなく現金化する方法もあるから便利

  • 2021年10月20日
  • 中村 恭平
  • コメントはまだありません

冠婚葬祭はある日突然発生しやすく、急にお金が必要となった時には手持ちのクレジットカードが大いに役立つことを先日知りました。

なぜなら、友人の結婚式が続いてご祝儀ばかりとなり、次の給料日まで厳しい状況が続くことが分かったからです。

しかも、急に実家から祖父が危篤という連絡を受けて、急遽家族揃って帰省しなければなりませんでした。

飛行機を使わなければ厳しいほどの距離にある実家は、直前に航空券を購入しても家族4人では往復で軽く20万円にもなりかねません。

航空券の手配だけならばクレジットカードで済みますが、翌月の支払いを考えると既に頭が痛い状態となっていました。

そこで、どうにかして現金調達を行い支払いだけは分散できないかと考えたわけです。

クレジットカードでお金を得ることを知っていれば慌てずに済む

多額の貯蓄があれば苦労しませんが、誰もが富裕層のような生活ができるわけではありません。

クレジットカードは社会人ならば複数枚既に保有していることが珍しくないので、日常的にクレジットカードを使っている人が多いはずです。

クレジットカードには利用限度額が設定されていて、利用可能額が残っている範囲内ならば自由に何度でも繰り返し利用できます。

そして、分割払いやリボ払い設定があるクレジットカードならば、支払いだけを先送りにしてボーナス時にまとめて支払うといった方法も可能です。

つまり、一時的にクレジットカードを使って現金化できる方法さえ知っていれば、支払い時期だけ先送りにしてお金の心配を減らすことができるわけです。

クレジットカード現金化業者を使えば当日中に現金振込を受けられる

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠があり、キャッシング枠を使った借り入れをすれば利用限度額の範囲内ですぐに現金調達できます。

しかし、キャッシング枠はショッピング枠とは比較にならないほど少ない限度額となっていることが多く、ショッピング枠の半分以下の利用限度額も珍しくありません。

ショッピング枠を使って買い物した商品を買取店へ持ち込めば、少額なら現金化を行えるはずです。

高額商品を複数短期間で購入していると、不自然なクレジットカードの使い方としてクレジットカード会社へ現金化を行った事実がバレかねません。

そこで、クレジットカード現金化業者を使って現金化することで、クレジットカード会社には一般的なネット通販で豪華な物を購入したという程度に見えて安全です。

しかも、クレジットカード現金化業者はオンラインで完結できる所が多いので、当日中に現金振込を受けられます。

Drop Your Comment